2019/02/15
2018年11月19日、神戸製鋼、関西電力らが建設を進める石炭火力発電所を巡り、不十分な環境アセスメントにもかかわらず、建設を認めた国(経産省)を相手に、その取消しを求め、地元から12名の市民が立ち上がり、提訴しました。...

2019/02/12
2月5日、大阪地裁にて、不十分な環境アセスメントにもかかわらず、建設を容認した国を被告とする行政訴訟の第1回期日がありました。 【法廷でのやり取り】 弁護団からは「日本がパリ協定の下での義務と自ら定めた削減目標を果たすには、石炭火力の新設という選択肢はない」と訴えました。...

2019/02/07
神戸の石炭火力発電を考える会は、弁護団・原告と協議し、2月5日より2つの裁判所へ提出する署名活動をスタートすることとしました。企業利益ばかりを追求した石炭火力発電所の建設が許されないのは、どの地域であっても同じです。私たちは、石炭火力発電所の建設をめぐる2つの裁判の判決が、石炭火力発電から脱却し、持続可能な再生可能エネルギーへと転換する途を切り拓くものとなることを望んでいます。このような原告らの思いを後押しすべく、2つの裁判所(神戸地裁、大阪地裁)へ署名を提出することとしました。ぜひ、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

2019/02/01
【声明】東京湾の石炭火力発電所建設計画が相次いで中止 神戸製鋼も、温暖化対策・地域環境対策に逆行する石炭火力の建設を中止せよ 神戸の石炭火力発電を考える会 神戸製鋼石炭火力訴訟原告団 神戸製鋼石炭火力訴訟弁護団...

2019/01/23
2018年9月14日、神戸製鋼、関西電力らを相手に石炭火力発電所の建設・稼働差止めを求め、地元から40名の市民が立ち上がり、提訴しました。 大気汚染をもたらし、温暖化を加速させる石炭火力発電は、神戸の環境だけでなく、世界の地球温暖化対策へも逆行するもので、地球環境への影響も懸念されます。 3月13日に第2回の裁判期日が予定されています。...

2019/01/23
2018年11月19日、神戸製鋼、関西電力らが建設を進める石炭火力発電所を巡り、不十分な環境アセスメントにもかかわらず、建設を認めた国(経産省)を相手に、その取消しを求め、地元から12名の市民が立ち上がり、提訴しました。...

2019/01/11
神戸の石炭火力発電を考える会では、日本のエネルギー政策の問題点、神戸の石炭火力問題に対して市民がどのように行動してきたのか、これからどのように変えていくことができるのかを多くの方々と考える、公開のセミナーを開催することとしました。...

2019/01/08
日本環境会議40周年記念の大会が神戸で開催されます。当会も共催します。 第1分科会において、神戸における石炭火力発電所増設問題をテーマに報告・議論する予定です。 ぜひご参加ください。 第35回日本環境会議40周年記念神戸大会 ■大会テーマ: エネルギー政策の転換をもとめて ■日時:2019年3月2日(土)〜3日(日)...

2018/12/09
2018年9月14日(金)に神戸地裁へ提訴した、 神戸製鋼・関西電力への石炭火力発電所建設・稼働差止訴訟の第1回期日が 2018年12月19日(水)15:00より、神戸地裁101号法廷にて行われる予定です。 ぜひ傍聴席にて、この裁判のスタートを見届けていただけますと幸いです。

2018/11/19
~石炭火力発電所の新設・稼動を止めるのは国~ 神戸製鋼の新設石炭火力発電所について行政訴訟を提起 神戸製鋼石炭火力差止訴訟原告団・弁護団...

さらに表示する