将来の神戸に石炭火力発電所は必要ですか?

ご存知でしたか?

兵庫県神戸市灘区で運転中の2基大型石炭火力発電所。

これに加えて、新たに2基の巨大な石炭火力発電所の建設が計画され4基になろうとしています。

大型石炭火力発電所からは、大量のCO2(約690万トン)だけでなく、大気汚染物質が排出されます。

神戸に建てられようとしている石炭火力発電所は、地球環境にも地域環境にも大きな影響があるのです。

神戸の石炭火力発電所問題

神戸では、すでに大規模な石炭火力発電所が2基稼働中です。さらにそこに新たに2基の巨大な石炭火力発電所の建設が計画されています。本当に必要でしょうか?

最新設備だから大丈夫?

石炭火力発電所は、たとえ最新型であっても大量のCO2や汚染物質を排出します。将来の地球環境、地域への環境影響を考える上でも、石炭火力は最悪の選択肢です。

あなたの健康が危ない

PM2.5は体の奥深く、血中に侵入し、ガン、心臓病、脳卒中のリスクを高めます。大気環境の悪化、ぜんそくなどの健康影響も心配されます。





動画で分かる石炭火力の問題点

石炭からクリーンエネルギーへ(アメリカ)

「日本では活況」ガラパゴス化する日本の石炭






【声明】「石炭火力の新設禁止が最重要の政策課題である」 ―経産省の石炭火力発電の段階的削減方針に関する声明―

【声明】「石炭火力の新設禁止が最重要の政策課題である」

―経産省の石炭火力発電の段階的削減方針に関する声明―

2020年7月6日

神戸の石炭火力発電を考える会

 

【要旨】

・経済産業大臣は、7月3日、石炭火力発電の段階的削減に向けた具体的方針を検討することを発表しました。
当会は、これが、電力の脱炭素化に向けた施策の第1歩となることを期待します。

・兵庫県にも、低効率の石炭火力発電所が数か所あります。これらを速やかに廃止するべきです。

・経済産業大臣の方針は、古い石炭火力発電所による発電量を2030年度までに9割程度削減する一方、「高効率の」石炭火力発電所については、維持・拡充するというもので問題があります。「高効率」といっても、火力発電所のなかで、発電電力量あたり、最も多くの大気汚染物質、CO2の排出があります。「高効率」石炭火力を維持・拡充したのでは、累積的なCO2排出量がかえって増加することになりかねません。世界がパリ協定のもとで脱炭素・脱石炭に向かおうという時期に、先進国である日本が、今後数十年にわたり石炭火力発電所を稼働させることを容認するもので、許されるものではありません。

・神戸や横須賀では、石炭火力発電所の新増設計画に対する訴訟が提起されています。この訴訟では、住民らがCO2や大気汚染物質の排出という点で問題がある石炭火力を、敢えて選択したことの違法性を訴え、追及しています。発電事業者は、直ちに石炭火力発電所の新設計画を撤回するべきです。

 

1. 石炭火力発電の段階的削減の加速化を期待します

現在、石炭火力発電の電源構成に占める割合は、32%に達しています。政府のエネルギー長期需給見通しは、2030年の電源構成として石炭火力発電の割合を26%としているところ[1]、このままでは、2030年の石炭火力の割合が40%にも達すると見込まれており、石炭火力を抑制する施策が強く求められていました。

このような中で、経済産業大臣は、7月3日、石炭火力発電の段階的削減に向けた具体的方針を検討すると発表しました。当会は、これを電力の脱炭素化に向けた施策の第1歩として、石炭火力発電所の全廃に向けた取組みを加速化させることを期待します。

 

2. 兵庫県内の旧式石炭火力発電所は、速やかに廃止すべき

経済産業大臣は、石炭ガス化複合発電(IGCC)と、超々臨界圧(USC)以外の石炭火力発電所を旧式の石炭火力発電所と分類しているとみられます。兵庫県にも、そのような低効率の旧式石炭火力発電所が6基(215.2万kW)あります。

兵庫県内にある、これらの旧式石炭火力発電は、発電効率が低く、大気汚染物質の排出量、発電量あたりのCO2排出量も相対的に大きいものであり、速やかに廃止されるべきものです。こうした発電所に対して、経済産業大臣は2030年までに、発電量を9割削減する方針とあります。気候変動の進行を緩和するには、累積的なCO2排出量を削減する必要があります。このことから、現在、旧式石炭火力発電所を運転している発電事業者に対し、2030年を待つことなく、少しでも早く操業を停止することを求めます。

3. 古い石炭火力発電所の発電量の9割削減では極めて不十分

「高効率」とされる発電方式(USC、IGCC)を用いている石炭火力発電所は、稼働中のものだけで2441万kW、建設中・環境アセス中・環境アセスが完了したものを含めると、3262万kWもの設備容量となります[2]。2019年のすべての石炭火力発電所の設備容量は4595万kW[3]であり、「高効率」石炭火力発電所を維持すると、現在の設備容量の53%にあたる2441万kWの「高効率」石炭火力発電所を温存することになります。さらに、建設中・アセス中・アセスが完了した新設計画がすべて実現すると、「高効率」石炭火力の設備容量は34%も増え、3262万kWに達することになります。

当会の試算によれば、「高効率」石炭火力を維持・拡充するという方針をとると、その設備利用率が旧式火力と比べて高くなることを考慮に入れるならば、仮に古い石炭火力の発電量を9割減らしたとしても、石炭火力からの発電量は、現状と比べて2030年の時点で1割程度しか削減できない可能性もあります[4]。

要するに、政府が「高効率」と呼ぶ石炭火力であっても、CO2排出は大きく減らず、「高効率」石炭火力を維持・拡充するという方針のもとでは、旧式火力を9割削減しても気候変動対策としての効果は、かなり小さいと言わざるをえないのです。

 

4. 全ての「石炭」火力発電所のフェーズアウト(全廃)が必要

2030年に向けて、低効率の石炭火力を段階的に廃止し、高効率の石炭火力を維持・拡充するという政策には、偽善性があると指摘せざるをえません。気候変動対策の観点からは、CO2の累積排出量が問題であることはいうまでもありません。旧式の発電所を早めにフェードアウトさせる一方で、新規の「高効率の」石炭火力の新増設の建設を容認するのでは、気候変動対策にならないどころか、石炭に依存する電源構造を長期にわたって固定化することになり、かえってCO2の排出を増加させる結果となります。現存する石炭火力発電所の稼働を、「高効率」のものに限り認めるというこのたびの政策では、2020年以降に新増設された石炭火力発電所は、2030年どころか、2050年を超えて稼働を継続する可能性があります。このため、新設された石炭火力発電からのCO2累積排出量は相当多くなる可能性があります。このたびの経済産業大臣の「2030年までに低効率石炭火力を9割削減」という検討方針は、石炭火力からのCO2の累積的排出量の削減という、気候変動対策の視点から全く適切ではありません。

石炭火力発電を維持することを前提したまま、「発電効率」を基準として稼働の可否を判断するのでなく、再生可能エネルギーのより積極的な導入、脱炭素化への移行の過程における低CO2排出燃料(LNGなど)の利用、という基本方針のもとで、石炭火力発電所の段階的廃止に向けた施策を検討しなければなりません。当会が支援する神戸石炭訴訟(3-4号機の建設・稼働差止訴訟、建設を認めた国に対する行政訴訟)における原告の主張は、こうした考え方に立脚するものです。

今求められる電力部門の気候変動対策は、今後、石炭火力発電所の新増設を認めず、全ての石炭火力発電所を可能な限り早期にフェーズアウト(全廃)させることにあります。

 

5. 石炭火力発電所の新増設計画を直ちに撤回すべき

神戸や横須賀では、石炭火力発電所の新増設計画に対する訴訟が提起されています[5]。これらの訴訟では、CO2や大気汚染物質の排出という点で、LNG火力と比べて環境負荷の高い石炭火力発電を、事業者が敢えて選択したことが重要な争点となっており、経済産業大臣がそれを是認したことの違法性を追及しています。

CO2の累積的排出量の削減という観点、2050年の時点で温室効果ガスを8割削減するというわが国の長期目標の実現という観点から、発電事業者は、直ちにこれらの石炭火力発電所の新増設計画を撤回するべきです。

 

当会は、原告・弁護団、そしてサポーターと共に、今、石炭火力の新設を認めることの意味を問い、引き続き法廷でも主張・立証を続け、大気汚染のない、気候危機に対応する社会の実現を目指して活動を続けます。

 

以上

 

[1] この26%という割合自体、気候変動対策の観点から過剰であり、見直す必要があります。

[2] 石炭発電所ウォッチのデータベース(https://sekitan.jp/plant-map/ja)等をもとに、当会試算。

[3] 電力広域的運営推進機関「2020年度供給計画の取りまとめ」(2020年3月)による。

[4] 2030年時点で、「高効率」でない石炭火力については66.4%の設備利用率(2019年度の全石炭火力発電所の設備利用率の平均)を想定し、「高効率」発電所については80%稼働を想定した場合。

[5] 神戸石炭訴訟 https://kobeclimatecase.jp/

 

横須賀石炭訴訟 https://yokosukaclimatecase.jp/

続きを読む

【5/23開催】気候危機×裁判 神戸石炭訴訟 WEB報告会のご案内

気候危機を回避するためにどんなことができるでしょうか?

 

今、世界で気候危機を司法に問う、気候変動訴訟が広がっています。

日本でも神戸のほか、仙台、横須賀でも裁判が進んでいます。

 

なぜ、石炭火力発電所の建設をめぐって、

裁判が提起されているのでしょうか?

私たちのどのような権利が侵害されるのでしょうか?

神戸石炭訴訟の弁護団より、訴訟概要のほか、

これまでの主な争点について報告する予定です。

 

ぜひ、ご参加下さい。

 

【開催日程・方法について】

日時:2020年 5月22日 15:00-16:00(予定)

開催方法::zoomによるWEB開催となります。

お手元のPC・タブレット・スマートフォン等からご参加ください。

参加費:無料

 

【参加方法について】

参加をご希望の方は、必ずお申し込みをお願い致します。

開催2日前になりましたら、メールにてご案内を差し上げますので、

メールアドレスの入力ミスがないようご注意ください。

 

また、接続に関する個別の問い合わせには対応致しておりませんので、ご了承ください。

 

【問い合わせ】

事務局:神戸の石炭火力発電を考える会

E-mail:kobesekitan@gmail.com

【アクション報告】神戸製鋼所 株主総会前アクションを実施しました(2019/6/20)

6月20日(木)、株式会社神戸製鋼所の株主総会が開催されました。原告とサポーター約20名が、総会会場の最寄り駅においてアクションを行いました。株主の方々に、事業リスクの高い石炭火力事業を見直すよう、経営陣へ意見していただきたく、呼び掛けをさせていただきました。  

現在、神戸製鋼所は、神戸市灘区において130万kW(65万kW×2基)の石炭火力発電所の建設工事を進めています。大気汚染公害に苦しめられ、今もなお改善の取り組みが続けられている地域に、石炭火力発電所を建設することを認めることはできません。また、石炭火力は大量の温室効果ガス(CO2)を排出します。将来世代により良い大気・環境を引き継ぐためにも、石炭火力事業を再考するように求めました。毎年、株主総会前ではアクションを行ってきましたが、今年は石炭火力発電事業が、事業リスクの高いものであることを株主の方々に訴えるパンフレットを配布いたしました。

続きを読む

【開催報告】G20・大阪サミットに向けて 六甲山ハイキングアクションを開催!(2019/6/9)

6月9日、28-29日に開催されるG20・大阪サミットに向けて、六甲山ハイキングアクションを実施しました。約20人の参加者が六甲山系の摩耶山をハイキングしました。山頂の掬星台(きくせいだい)にて、G20が行われる大阪、神戸製鋼の既存石炭火力発電所を背景に「石炭をやめて自然エネルギーを選ぼう」のメッセージバナーを掲げて写真撮影を行いました。

 

■大自然の力強さに癒やされる

快晴の天気のもと、小学生から70代まで幅広い年齢層の参加者で、虹の駅から掬星台まで、ガイドの浅野晴良さんに案内いただきました。約90分のハイキング中は、木陰が続き、ときおりオオルリの声が響いたかと思えば、コアジサイの心地よい香りも漂うなど、みんなで楽しみながら歩くハイキングはとても気持ちの良い森林浴となりました。途中の長い石段では、黙々と歩く参加者の列が修行僧のように見える瞬間もありました。

今回のハイキング開催に合わせて製作し、参加者に配布していた「NO COAL KOBE」と書いた三角のバナーを見て、別のハイキング中の方から「何のグループですか?」と声をかけられることもありました。その際には、石炭火力発電の問題を伝えることもできました。

続きを読む

神戸石炭訴訟WEBサイト

神戸石炭訴訟(KOBE Climate Case)
神戸石炭訴訟(KOBE Climate Case)

未来のための金曜日・神戸の動き

FRIDAYS FOR FUTURE KOBE(未来のための金曜日・神戸)
FRIDAYS FOR FUTURE KOBE(未来のための金曜日・神戸)

電気を選べば社会が変わる

未来につながる でんきの選び方
未来につながる でんきの選び方