将来の神戸に石炭火力発電所は必要ですか?

ご存知でしたか?

兵庫県神戸市灘区で運転中の2基大型石炭火力発電所。

これに加えて、新たに2基の巨大な石炭火力発電所の建設が計画され4基になろうとしています。

神戸の石炭火力発電所問題

神戸では、すでに大規模な石炭火力発電所が2基稼働中です。さらにそこに新たに2基の巨大な石炭火力発電所の建設が計画されています。本当に必要でしょうか?

最新設備だから大丈夫?

最新型設備で、環境影響の低減を図っている?石炭火力発電所は、最新型であっても大量の温室効果ガスを排出します。地球環境の将来を考えるうえでも、地域への環境影響を考える上でも、石炭火力は最悪の選択肢です。

あなたの健康が危ない

PM2.5は体の奥深く、血中に侵入し、ガン、心臓病、脳卒中のリスクを高めます。大気環境の悪化、ぜんそくなどの健康影響も心配されます。




2017年8月19日(土)【灘区】石炭火力発電所建設計画に意見を書く 市民のための説明会

石炭って昔のものと思っていませんか?

いいえ、日本では今、43 基の計画が明らかになっており、

神戸でも2 基が増設される予定で進められています。

 

石炭火力は「最新技術」でも大丈夫ではありません!

大量のCO2 だけでなく、ぜんそくの要因となる

大気汚染物質や、ガン、心臓病、脳卒中のリスク

を高めるPM2.5 の原因物質などを大量排出し、

神戸の環境を汚染します。

 

こんなに問題がある計画について知って、

意見を出しませんか?初心者の方、大歓迎です!

ぜひご参加下さい。

 

【日時】2017 年8 月19 日(土)14:00~16:00(13:30 開場)

【場所】六甲道勤労市民センター あじさい(和室)

(JR 六甲道駅すぐ メイン六甲A ビル5 階)

 

【予定】14:00~15:00 おはなし

「神鋼石炭火力発電所計画の問題点」

気候ネットワーク研究員 山本 元さん

15:00~16:00 Q&A / 意見を書くタイム

※入場無料・参加申込不要・お子さん連れ歓迎

※筆記用具をご持参ください。(意見書用紙や資料はこちらで用意しています)

 

■意見を書く会に参加できない方は、ぜひご自宅で意見書を書いてみてくださいね♪

神戸製鋼 石炭火力発電所 意見書募集(〆切8 月24 日)

意見書用紙 

http://www.kobelco.co.jp/assessment/kobe/files/opinion.pdf

意見書文例 

https://goo.gl/516sMv

 

【企画・主催】神戸の石炭火力発電を考える会

ウェブサイト https://kobesekitan.jimdo.com/

facebook https://www.facebook.com/kobecoalfiredpowerplant/

解説書:市民が読み解く 神戸製鋼所 環境影響評価準備書

http://www.kikonet.org/EIA_Reference_Book_Version_KOBELCO_for_Citizen

兵庫県と神戸市で環境影響審査会が開催されます

兵庫県と神戸市のそれぞれの主催で神戸製鉄所火力発電所(仮称)の環境影響評価審査会が下記の通り開催されます。どなたでも参加可能(但し、定員を超えた場合は抽選)です。是非参加しましょう。

※参加される際に「【解説書】市民が読み解く神戸製鋼所 環境影響評価準備書」を事前に読まれると、審査会での議論もよくわかります!!

兵庫県環境影響審査会 開催概要


神戸市環境影響審査会 開催概要



■日時

2017年8月4日(金) 15時00分~17時00分

 

■場所

ラッセホール 5階 サンフラワー

(神戸市中央区中山手通4-10-8)

 

■議題

株式会社神戸製鋼所神戸製鉄所火力発電所(仮称)設置計画に係る環境影響評価準備書の審査について

 

■会議の傍聴について

開会予定時刻の30分前までに受付で申込み(定員10名)※定員を超えた場合は抽選

 

■参照URL 兵庫県ウェブサイトへはこちら

 

 ■日時

2017年8月8日(火) 10時00分~12時00分

 

■場所

環境局研修会館 :テッケンビル8階

(神戸市中央区磯上通り8-1-30)

 

■議題

神戸製鉄所火力発電所(仮称)設置計画に係る環境影響評価準備書に関する審議(第1回)

 

■会議の傍聴について

9時30分から9時40分までの間に会場受付へ(定員10名)※定員を超えた場合は抽選

 

■参照URL 神戸市ウェブサイトへはこちら

 

 


兵庫県、神戸市に厳正なる審査を求める要請書を提出しました

8月1日、神戸の石炭火力発電を考える会を構成する8団体は、神戸製鋼が計画している2021年から稼働予定の2基(65万kW×2基)の石炭火力発電所に係る環境影響評価に係る、兵庫県、神戸市の厳正なる審査を求める要請書を提出しました。

神戸製鋼より公開・縦覧されている環境影響評価準備書(約1,400頁)、開催された説明会(4回)における質疑内容を評価した結果、当該施設計画は、将来の神戸・阪神地域に重大な環境影響をもたらすとの強い懸念があります。

神戸の環境に悪影響をもたらし、また、温暖化の取り組みに逆行する本計画の内容について、市民に十分な説明や情報提供が行われていないことから、厳正なる審査を行うことを強く求めます。

(要請団体)
神戸公害患者と家族の会
西淀川公害患者と家族の会
公益財団法人 公害地域再生センター(あおぞら財団)
特定非営利活動法人 地球環境市民会議(CASA)
特定非営利活動法人 気候ネットワーク
神鋼石炭火力公害問題灘区連絡会
石炭火力発電問題を考える市民ネットワーク
ひょうごECOクラブ

【環境影響評価準備書を通じて明らかになった当該施設計画に対する主な問題点】

  • 本計画は、かつて深刻な大気汚染にあった住宅地域至近で行われるもので、これまでの県民の環境回復努力を無にするものである
  • 温室効果ガスを長期かつ大量に排出する本計画は、国、県市などの排出削減計画と整合性を欠くものである。
  • 環境影響評価準備書により明らかになった主な個別問題点
    • 大気汚染に対する評価が恣意的であり、最善の汚染防止技術の導入がされていないなど、その対策が不十分であること
    • PM2.5について環境影響評価が行われず、環境保全措置も講じてられていないこと
    • 汚染物質の大気環境への排出総量及び施設計画による変動との関係を明らかにせず、あたかも環境への 影響が低減されるかのような評価結果を記載し、市民を誤信させる点があること
    • 重金属物質の排出、とりわけ、水銀排出に関し、その排出総量を明らかにせず、その予測結果を過小に評価し、十分な環境保全措置を講じようとしていないこと
    • 温暖化防止対策の視点から最良の発電技術の導入することもなく、事業所全体における二酸化炭素総排出量の増減を明らかにしないまま、これまでの配慮書、方法書の知事意見を無視していること。

【要請書本文】

(兵庫県)

神戸製鉄所火力発電所環境影響評価準備書に対する兵庫県知事意見作成にあたって 要請

 

(神戸市)

神戸製鉄所火力発電所環境影響評価準備書に対する神戸市長意見作成にあたって 要請

 

【解説書】市民が読み解く神戸製鋼所環境影響評価準備書

【解説書】市民が読み解く 神戸製鋼所 環境影響評価準備書

神戸製鋼所が神戸市灘区に建設を予定している石炭火力発電所建設計画における、環境影響評価準備書に関する解説書を発行しました。計画は、2017年7月現在、「環境影響評価」という手続の最終段階にあります。
事業者(神戸製鋼所)は、発電所設置に伴う環境への影響を調査・予測・評価し、その結果を、「準備書」にまとめ、ウェブサイトで公表しています。市民は、この準備書に対して、意見を提出することができます。しかし、この準備書は1473頁もあり、内容も専門的で理解することが困難です。また、電子縦覧の場合は、特定のブラウザでしか閲覧できず、印刷もできないことから、意見作成における大きな障害となっています。
そこで、気候ネットワークを始めとする4団体は、発電所が設置されるとどのような環境への影響があるか、市民の皆さんと共に考えるため、また、皆さんが準備書に対する意見を書かれる際の参考にしていただくために、読み解いた冊子を作りました。
巨大な火力発電所を作ると、様々な環境影響がありますが、この冊子では、住民の方々の関心が高い、大気汚染と温暖化の問題についてまとめています。ぜひご覧ください。

発行:特定非営利活動法人気候ネットワーク

2017年7月発行 A4版 8ページ

市民が読み解く 神戸製鋼所大規模石炭火力発電所設置計画環境影響評価準備書

公述人になってみませんか?

【神戸市内にお住まいの方、又は神戸市内にある法人の方】

神戸市において、計画に関する公聴会が開かれます。公述人になれるのは、神戸市内にお住まいの方か、神戸市内にある法人の方に限定されています。あなたの声を、ぜひ公聴会で表明していただけませんか?下記のページにアクセスいただき、条件等をご確認の上、ぜひご応募ください!一緒に神戸の未来を考えましょう。

 

神戸製鉄所火力発電所(仮称)設置計画 環境影響評価準備書公聴会